シュプールを追いかけ始めました。中崎透 × 札幌 × スキー@500m美術館

2017.01.06

SIAF2017参加アーティストの中崎透さんからレポートを頂きましたのでご紹介します。


1

こんにちは、美術家の中崎透です。
SIAF2017では、「札幌大通地下ギャラリー500m美術館」を会場に、札幌の冬とスキーをテーマにした展覧会を作るべく、リサーチや準備が少しずつ始まってきた今日この頃です。

2

僕は茨城県出身で現在も実家のある水戸市を拠点に活動しているのですが、雪のない茨城の人がスキー?芸術祭で、夏なのに、スキー?と、ピンとこないことが多々ありそうなので、この場を借りて企画の内容だったり、リサーチの様子や進行状況だったりをたまに投稿させていただければと思います。

さっそくですが、企画タイトル、まだ仮題ですがとりあえず、、
「中崎透 × 札幌 × スキー《シュプールを追いかけて》」
こんなタイトルで進めていきたいと思っています。

実は2014年の2-3月にかけて、青森県青森市にて大規模のスキーにまつわる展覧会を作りました。そのときのタイトルが「中崎透 × 青森市所蔵作品展《シュプールを追いかけて》」でした。2013年の春からリサーチを始め、展覧会作りの通年ワークショップのような形で応募してくれた十数名の皆さんと一緒に作り上げました。

詳細リンク:http://www.acac-aomori.jp/aomori/2013-4/

ƒz?ƒXƒ^[5-2
4
Photo by NISHIKAWA Koji
5
Photo by NISHIKAWA Koji
6
Photo by NISHIKAWA Koji

その展覧会を作る過程がとてもおもしろかったんです。青森市の所蔵品ということで、基本的に青森市に限っていたのですが、もちろんその歴史はそこだけに留まるわけもなく広がり、ベテランスキーガイドさんや、元オリンピック選手の方、スキー板の製作会社の方など、いろんな方々のお話を聞いたりするうちに、大枠の歴史とはまた全然違う歴史へと転がっていったりしながら、思ってもいないことがポロッと出てきたりもしました。展覧会だけでなく、会場となった国際芸術センター青森の敷地を使って、スノーハイクや板作りのワークショップを開催したりでなかなかよかったです。

7 8

そんなこんなで、シュプール(痕跡)を追いかけ始めてしまったわけなんですが、青森に限らず、北海道や長野、新潟などなど他の雪国でもスキーにまつわる歴史を調べていくとおもしろいだろうなあ、とじわじわと考えてる矢先に、この500m美術館でいろんな人と関わりながら何か企画が作れないかな、とお話をいただき、札幌を舞台にシュプールを追いかけることになったわけです。

9

そもそもなんでこんなテーマで展覧会を作り始めたかというと、とてもシンプルに雪山やスキーがとても好きだったんですね。とは言っても、本格的に修練を積んで競技をしたり、プロを目指すとかでは全然ないのですが、小さい頃から両親が年に数日スキーに連れてってくれて、程よくハマって、高校生くらいの頃は、親戚に連れて行ってもらったり、ありとあらゆる手を使って茨城から年に20-30日くらい滑りに行ったりしていました。ぼんやりと何かしらの形で将来は雪山とかに関わる仕事がしたいな、と思いながらも、雪国育ちで幼い頃から競技などに慣れ親しんだ人たちが目指す世界には自分はいないんだな、と知ったのも同じ頃でした。結局美大を目指すことになり、すっかりそういうところから遠ざかって20年近く経ってしまったわけですが、物を観て触って考えて、手を動かして、展覧会を作って、といった仕事をずっとしてきたからこそ関われるやり方があるもんだなあ、と気付くことができた最近だったりします。

10

ということで、これから札幌にて、のんびりとシュプールを追いかけていきますので、どうぞよろしくお願いします。興味ありそうな方、ぜひ一緒に追いかけましょう!!

**********************
現在、「中崎透 × 札幌 × スキー《シュプールを追いかけて》」をサポートしてくれる、ボランティアメンバー「SIAF 500メーターズ」を募集しています。
興味のある方、ぜひに!!
※500m美術館の企画・制作・管理・運営など業務をサポートする「500メーターズ」とは異なります。

【SIAF 500メーターズ募集要項】
■定員:15名程度(先着順)
■年齢:高校生以上
その他:職業、性別、経験など不問。「雪山」「スキー」「展覧会作り」「札幌国際芸術祭」に興味がある方大歓迎。

■活動期間:2016年11月~2017年10月(約1年間)
主な活動内容:「SIAF2017中崎透『冬とスキー(仮)』展」に関するリサーチ、道具の搬入・搬出、会場の設営・撤去など、アーティストの中崎透をサポートし、一緒に展覧会をつくっていきます。また、1か月に1回程度、ワークショップやミーティングなどを実施予定(来年度からは月2〜3回程度を予定)。

■申込方法:Eメールにて受付。メールの件名を「SIAF500メーターズ参加希望」とし、本文に、1.氏名、2.職業、3.生年月日、4.電話番号、5.メールアドレス
を記載のうえ、担当の佐野(sano@cai-net.jp)まで送信ください。
Eメールが利用できない場合は、下記の問い合わせ先まで、ご連絡ください。
— — — — — — — — — — — — — — — — — — — — — –
○主催:札幌国際芸術祭実行委員会/札幌市
〒060-8611 札幌市中央区北1条西2丁目 TEL:011-211- 2314
○お問い合わせ:有限会社クンスト(担当:佐野)
〒060-0042 札幌市中央区大通西5丁目昭和ビル地下2階
TEL:011-802- 6438(13:00-22:00/日・祝休)Email:sano@cai-net.jp
************************

事務局
事務局
札幌国際芸術祭事務局
記事一覧