夏のウポポピクニック、無事に終了しました!

2016.08.01
DSC00316

みなさま、こんにちはー!マレウレウのまゆんです!

7月31日、蒸し暑い札幌で「夏のウポポピクニック」が開催されましたー。
参加する子ども達のお姉ちゃんや弟も交じっての総勢12名でのウポピクでした。

どんな子が参加するのかな?親御さんと離れちゃって泣いちゃう子はいないかな?色々と不安がありましたが、そんなものパーン!っと飛んでいってしまうようなイベントになりました!

まずはみんなでスタジオZOOのけいこ場に集まり、輪になって自己紹介。
その後にウポポ(歌)の練習。

IMG_1251
最初にマレウレウの3人で歌った時には、「こんなの歌えるのかな?」「何て言ってるのかな?」と不安そうな顔の子ども達。思わず笑い出す親御さん。
それでも、全員で歌っていくうちにどんどん大きな声になっていきました。
グループ分けをしてウコウク(輪唱)をしていっても、みんな他の人の歌につられながらも一生懸命大きな口をあけて歌ってる姿がもう可愛くて可愛くて。

まだちょっと緊張があるかな?と思ったので、輪になって座り、みんなで好きな食べ物を言いあって、和気あいあいとした所で中島公園に移動しました。

さぁ、みんなでお弁当を食べよう!と敷物を敷きだした所で雨!
慌てて大きな木の下に避難して、そこでお弁当タイム。

IMG_1319
IMG_6166IMG_6165IMG_6164IMG_6163IMG_6162IMG_6161

みんなどんなお弁当を食べているのかな?と歩きまわったり、オカズを分けて貰ったりしながらワイワイとお弁当タイムは終了。
いよいよ歌いながらの行進の始まり!

IMG_1359子ども達を集めて、列になって、まずはウコウクなしで全員で手拍子をしながら行進。
みんなきちんと歌えている!マレウレウの後をちまちまと付いてきてまるでアヒルの親子のよう!ハーメルンの笛吹きのよう!
遊歩道を歌いながらニコニコと歩いて、林の中に。
林の中では一人一本好きな木を選んで、その木につかまってバラバラになってもらってからの、ウコウク!さっきまでは同じ歌を歌う人が近くにいたから歌えていたけれど、離れると難しくなったようで、最初は少し小さな声だったけれど、マレウレウが動き回りながら歌っていたらどんどん大きな声に!
林の中に響く子ども達の声とマレウレウの声。童話の中の世界のようでした。

IMG_1375でもここで問題が!林の中は蚊が大量に待ち受けていたのでした!
虫よけをシュッシュとかけても寄ってくる蚊達に、子どもも大人も大騒ぎ!
もう林は抜けよう!となって遊歩道へ戻って、今度はウコウクをしながら行進。もうみんな慣れて、つられる事も少なく、可愛い口をめいっぱい開けて大きな声でウコウク!すごいね、みんな頑張ってるね、楽しんでるね!

盛り上がってる中でまた問題!今度は大雨!急なザンザン降り!
また大きな木の下に移動して、最後は親御さんも事務局スタッフも全員合わせても踊り歌を行いました。
蚊に刺されて痛くて痒くて辛がってる子も、一生懸命に歌って踊ってくれてました。感動。

そして、最後に全員で記念撮影をしてバイバーイ!
また冬のウポピクに来てね!冬は虫いないから安心してね!

IMG_1482

どんな歌を歌ったり踊ったりしたかは、ここでは内緒です。
一緒に楽しんだ人達だけの秘密。

夏に参加出来なかった方も、冬のウポピクは是非遊びにいらして下さいね。
子ども達だけではなく、親御さん達もとっても楽しそうで、みんなニコニコ笑顔の素敵空間でしたー。

公演本番の日なのにも関わらず、けいこ場をお貸し下さったシアターZOOの皆さま、本当にありがとうございました!

早くまたみんなの笑顔に会いたいまゆんでした!

今日の一言アイヌ語。
iyayraykere.(イヤイライケレ)ありがとう

ではみなさま、イヤイライケレー!

マユンキキ
マユンキキ
バンドメンバー
記事一覧