CM映像制作ワークショップ参加者募集!

2016.07.09

こんにちは。バンドメンバーの中島洋です。普段の仕事は狸小路6丁目にある市民出資のミニシアター「シアターキノ」の代表をやっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大友さんからバンドメンバーの一人として参加しないかとお声をかけていただいた経緯や、市民の一人としての芸術祭への想いは、次回のブログで書かせていただくことにして、
今回は、すでに企画がスタートしています、札幌国際芸術祭のCM映像を若い皆さんと一緒に創ろうという「CM映像制作ワークショップ」の説明会を、7月17日(日)16時から18時に行いますので、まずはその情報をお伝えすることを一回目にします!!
私は、2006年から札幌市の助成を受けながら、中学生を対象とした「子ども映画制作ワークショップ」を6回開催し、その集大成として、2003年前後に約一年半かけて「茜色クラリネット」を中高生21名と、大人スタッフ約30名と琴似地域の皆さんと一緒に制作し、2014年~15年にかけて、海外も含む全国で公開をしてきました。

kodomows

この経験を活かして、今度の芸術祭では、札幌市のインタークロスクリエイティブセンター(ICC)主催事業として、映像制作を目指す若い人材育成のまたとない機会としてこの「CM映像制作ワークショップ」を企画しました。

ちらし修正ちらし修正

詳しくは、募集詳細サイトをご覧いただきたいのですが8月8日から9月12日の間に参加者応募の企画申し込みをしていただき、10月23日(日)の第一回目のワークショップ~スタートします。2月までに実写とアニメーション計4作品を制作する予定で、そのあと、芸術祭のゲストディレクターである大友良英さんが、参加者の皆さんが作った映像に音楽をつけてくれます!どんな音楽になるのでしょうね。そして来年5月ごろから参加者のみなさんが制作した映像が、芸術祭の公式ウェブサイトや、公共施設の電子モニター、またシアターキノなど映画館他で公開される予定です。

ぜひ、ユニークなアイディアで素敵な企画を考えてもらえたら嬉しいです。プロスタッフが全面的にバックアップして、素晴らしいCM作品を作りましょう!!参加をお待ちしています。

まずは、7月17日(日)16時から18時にICCで行います、説明会にぜひ参加してください。

中島 洋
中島 洋
バンドメンバー
記事一覧