あの建物の正体!

2018.03.12

SIAF事務局のある札幌市役所、その北東斜め向かいに、
何やら大きな新しい建物が姿を現しているのをご存知でしょうか。

171127_soraSW

今年10月にオープンする「札幌市民交流プラザ」です。

北海道初の多面舞台(主舞台の上手、下手、奥にも広い空間があり、場面転換が速やか!)を備えた「札幌文化芸術劇場 hitaru」、札幌の文化芸術活動を育み、サポートする「札幌文化芸術交流センター SCARTS」、仕事・暮らしに役立つたくさんの本、そしてコワーキングエリアも完備する「札幌市図書・情報館」、この3つからなる複合施設です。

建物がどんどんと「育って」いく過程を日々目にしてきたのですが、改めてその大きさに驚きます。札幌の中心部に、大規模な文化芸術の拠点ができるのはとても楽しみですね。どうやら㈱アトリエ・モリヒコによる素敵なカフェ・レストランも登場するようですよ。

オープンに向けてすでに様々なプレイベントが行われていますが、3月24日(土)に札幌芸術の森美術館にて行われるイベントには、SIAF2017で大活躍したタップダンサー・龍画くんも登場するようです。
(イベントの詳細は下記またはコチラ

龍画くんは「さっぽろコレクティブ・オーケストラ」でも、タップダンスの魅力と実力をいかんなく発揮!資料館を拠点に展開された「テラコヤーツセンター『土砂』」では、講師となってワークショップも開催してくれました。


さっぽろコレクティブ・オーケストラのワークショップの様子です。

札幌市民交流プラザのオープンはまだもう少し先ですが、札幌では文化芸術の新しい風が吹き始めているような気がします。

——————-
札幌市民交流プラザプレイベント まちなかコンサート~南区~
いくつもの夜を越えてみる景色

<出演>
小野健悟(サックスプレイヤー)、忍弥(津軽三味線奏者)、小杉龍画(タップダンサー)
<日時>
2018年3月24日(土) ①11:00~ ②13:30~ ※各回50分ほどの予定
<会場>
札幌芸術の森美術館 展示室
<入場料>
要観覧券(美術館入館料:一般500円、高校・大学生250円、小中学生100円)
<プログラム>
千本桜、じょんがら節、即興演奏曲 ほか
※曲目等が変更になる場合がございます。

<主催・お問い合わせ>
公益財団法人札幌市芸術文化財団
市民交流プラザ開設準備室 文化芸術交流センター事業課
〒060-0001札幌市中央区北1条西2丁目札幌時計台ビル10階
TEL 011-242-5800 (平日9:00~17:00)

事務局
事務局
札幌国際芸術祭事務局
記事一覧