モバイルアースオーブン薪窯作りワークショップいよいよ明日から!

2017.05.12

こんにちは。SIAF2017 コーディネーターのカジタです。

公募プロジェクトで採用されたモバイルアースオーブン薪窯作りワークショップがいよいよ明日5月13日・14日の2日間に渡り、旭山記念公園の中にある森の家で開催されます。

morinoie

消防団などで使用され役目を終えた消防車の後ろに薪窯を載せ、芸術祭会期中さまざまな場所に出没し、お越しいただいた方とともにオーブンを囲んで野菜を調理するこの企画。このワークショップ開催までの間にも消防車を手に入れる物語や粘土を手に入れる物語など色々なことがあったのですが、それらはそのうち企画者の安齋伸也さんが書いてくれると思いますのでいつか掲載される日をご期待ください。

なにわともあれ窯作りです。前日である今日は会場である森の家に講師を勤めるトージバ神澤さんとnamaikiディビッドさん、そして企画者の安齋さんでワークショップの準備が行われました。窯作りの材料となるものの素材作りや土台作り、会場作りなどなどが着々と進んでいきます。

kiwaku wara dodai

途中AIR-Gさんの番組で生中継もしていただきました。安齋さんは昨日寝る前に取材に対応する原稿作らなきゃ!と思い焦って作ったそうですが、実際はレポーターの箕輪さんのおかげで1文字も原稿は読みませんでした。

syuzai

明日明後日はこれら準備をしたものを使ってワークショップに参加される皆さんと一緒に窯作りです。自然素材のみで作れる薪窯、どんな作り方なんでしょうね。とりあえず粘土をこねるのは中々大変らしいですが、今から楽しみです。

ワークショップの参加募集はすでに定員になっていますが見学などは自由ですピクニックがてら旭山記念公園に来て見学するのも楽しいかもしれません。

ワークショップが開催される5月13日、14日は芸術祭絡みのイベントが同時にいくつか行われます。

札幌国際芸術祭2017アジアンミーティングフェスティバル2017のプレ・イベントとして、香港在住のdj sniffさんが地元音楽家たちとコラボレーションライブを行うAsian Meeting Sessions Sapporoが14:00から札幌くう COOで。

北海道大学CoSTEPさんの開講特別プログラムとしてゲストディレクターの大友良英が「科学とアートのコミュニケーションが始まる」をテーマに講師として13:00から北海道大学工学部フロンティア応用科学研究棟2F鈴木章ホールで登壇します。

さらにさらに市電プロジェクトの「小学生デザイナー求む!市電SIAF号の設計図をつくろう!」の第2回も開催(募集は締め切りました)されます。

※それぞれの詳細はリンク先をご覧ください。

昨日5月11日に全貌が発表されたそばからそこかしこで芸術祭の動きが加速していきます。会期前にもさまざまな催しが行われていきますので是非どこかでご参加いただければ!

事務局
事務局
札幌国際芸術祭事務局
記事一覧