「トットてれび」はじまります!

2016.04.29

明日土曜(4月30日)NHK総合テレビにて、黒柳徹子の若き日をモデルにしたドラマ「トットてれび」がはじまります。全7回、毎週土曜の夜8時15分からの30分間、満島ひかりさん演ずる黒柳徹子さんが繰り広げる、笑いと涙の音楽劇です。

tottotv

http://www.nhk.or.jp/dodra/tottotv/

演出を手がけるのは「あまちゃん」や「64」でおなじみ、わたしにとっては盟友でもあります井上剛。音楽を手がけるのは、おなじく「あまちゃん」でもコンビを組んだSachiko M、江藤直子、そしてわたくし大友良英。演奏は、大友良英スペシャル・ビッグバンドです。

今回のドラマの肝はですね、いくつかのシーンでは、実際に生演奏で、お芝居と同時に演奏してるところなんです。通常ドラマや映画で流れる音楽は、撮影や編集が終わって後から映像の上に付け加えられるか、あるいは音楽の演奏シーンであれば、事前に録音して「当てブリ」と言って、撮影時にさも歌っているかのように、演奏しているかのように、やってる「ふり」をしながら撮影するものなんです。でも今回は違います。音楽のシーンは、ほぼその場で演奏し歌っています。劇伴のように聴こえるものでも、その場で実際に演奏していたりするシーンも多数です。

え? そんなん、あたりまえやろって? いやいや、普通、そんなことやって収録するのって、技術的にも、録音的にも大変すぎてやれないんです。でも今回はやっちゃいました。「あまちゃん」を見ていた方は覚えているとおもいますが、最終回近くの鈴鹿ひろみさんが歌うシーンが、まさに生収録だったんですが、今回はそれをより発展させた感じです。明日の1回目で言えば、EGO-WRAPPIN’の中納 良恵さんがスペシャルビッグバンドとともに歌う「買い物ブギ」のシーンは全て生演奏ですので、ぜひ注目してやってください。僕らも当時っぽい姿をして後ろの方にチラチラ映ってます。(あ、オレ、最近髪の毛切ったのも、この撮影のためでした)

え、テレビドラマのことなんて、芸術祭と関係ないだろって。いやいやいや、見てもらえればわかります。ドラマそのものが「祭り」になってますから。こんな現場をくぐり抜けて来ている人間がゲストディレクターをやるってことの意味合い、きっと分かってもらえると思います。ドラマも芸術祭のほうも、どうかお楽しみに。

大友良英

大友 良英
大友 良英
札幌国際芸術祭2017ゲストディレクター
記事一覧